息子と二人で公園散歩

こんにちは。

育児を通してみる、息子の成長です。


一才一ヵ月の息子と、二人で近くの公園に散歩に行きました。


公園に行く道中、息子は指を指し、

花や道路の隅から生える草に、興味を示します。


触らせていいのだろうか?

触らせた方が、感性が磨かれるのでは?

汚くないだろうか?

と自問自答している間に、息子は触ります。


歩いては止まり、また少し歩いては止まります。

そんなんで、自宅から公園までの数分の道を、15分ほどかけて歩きます。


公園に到着するまでは、手をつなぎますが、

公園の中では、自由にさせます。


自宅近くの公園には、遊具はなく、ほぼグランドです。

公園に着くなり、息子は走り出します。

走る子供のシルエットイラスト

様々なモノに興味があるんだと感じます。

地面に落ちているドングリを見つけると、


息子がしゃがみます。

私もしゃがみます。

拾う子供のシルエットイラスト

立ち上がり、拾ったドングリを渡してきます。

渡してくる子供のシルエットイラスト

私が手のひらを出すと、私の手にドングリを置いて、

拍手をして、次の拾うモノを探します。


拾って渡してくれるのは、ドングリが多いですが、石も渡してきます。

私が受け取らないと、捨てます。


思いっきり、走って、いろんなモノに触れて、拾って、渡して、拍手して、

疲れたのか、自宅では、こんなポーズで寝てました。

昼寝をする子供のシルエットイラスト

両手を頭の後ろにおいて、寝ている姿が愛おしいです。


息子が、手の伸ばしてくる。

私が息子の手を握る。


時に、息子は、手を放したがる。

私は息子の手を放す。


一人で歩いていく。


ペタペタと自分で歩いて、遠くに行く息子を見ながら、

いつか自分の足で、離れていくと思うと、寂しくなり、

この時間を大切にしようと思いました。


最後まで、読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です