一才一ヵ月の息子ができること。行くぞ~!飲むぞ~!寝るぞ~!

こんにちは。

育児を通してみる、息子の成長です。


一才一ヵ月の息子は、少し言葉を覚えてきました。

「まんま」「ねんね」「ちゃ」「バイバイ」「ワンワン」「ブーブー」


話しかけに対し、理解できていると思われる行動もあります。

「いただきます。」「ごちそうさま。」では、手を合わせ。

「おやつ」という言葉には、おやつが入っている場所を空けようとします。

他にも、「トト(父)」「カカ(母)」といった言葉も理解できている様子です。

「何歳ですか?」と聞くと、人差し指を立ててくれます。


できることとしては、

「指を指す」

名前を呼ぶと「ハーイ」と言って手を挙げる。

「なでなでして」と言うと、頭に手を当ててくれます。


散歩もするので、自分でだいぶ歩けます。

むしろ、少し走れる状態です。

そんな息子が、こんなポーズを見せてくれました。

「行くぞ~」子供のシルエットイラスト

「よし行くぞ!」と言わんばかりの、走り出しそうなポーズです。

走るときは、鳥が羽ばたくように、

両腕を上下に動かし、とても微笑ましいです。


たくさん、運動をした後など、のどが渇くと

「ちゃ!」と言って、飲み物を欲しがります。

「飲むぞ~」子供のシルエットイラスト

「飲むぞー!」言わんばかりのポーズです!

ちなみに、息子は、一才一ヵ月までに卒乳できました。


たくさん運動して、たくさん食べて、のどを潤したら、

爆睡です。

「寝るぞ~」子供のシルエットイラスト

「寝るぞ~!」と、、、言わずに 「ねんね」 と言って寝てくれます。

これから寝るということを、認識している様子です。

卒乳後は、朝まで寝てくれることが多くなり、夜は助かります。

ただし、寝相は悪いです。

また、朝も息子の方が早く起きることが多く、

寝ていると、絵本、携帯、マグで、頭を叩かれます。


こちらの言っていることを、理解している様子や、行動も見えたり、

こちらが認識できる言葉を少しずつ発してくれて、

日々の成長が、愛おしいです。


息子が、日々成長してくれる嬉しさと、

今しか無いという悲しさが、日々交差します。


最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です