いつもと違うコトをしてみる”公園で朝食”

こんにちは。

まずやってみて、気が付いたことを書いております。


いつもと違うことをしてみました。

いつもとほんの少しだけ、違うことをすると、

ほんの少し変化があります。


例えば、休日の朝食です。

変えられるのは、5W1Hの中、

whereの場所を変えてみました。


いつも休日は、基本自宅で朝食をとりますが、

公園に行ってみました。


妻と前日の夜に、公園で朝食をとることを決め、準備をしました。

朝食は、凝ったモノにはしません。

ゆで卵に、マヨネーズと黒コショウを入れ、

食パンを準備しました。


朝起きて、身支度し、保冷バックに朝食を詰めます。

保冷剤、除菌シート、お皿、ごみ袋を詰め込みます。

丁度よいサイズの保冷バッグがあると気持ちが良いです。


食器は、お皿と盛り付けに使うスプーンのみです。

サンドイッチなら、手で持って食べられるので、

お皿もほぼ汚れず、持ち物を少なくできます。


必要なモノを詰め込んだら、出発です。

公園に行く途中で、飲みモノを購入しました。

朝、家で淹れるのも良いですね。


公園に到着したら、場所どりです。

場所どりというよりも、ガラガラなので、

基本どこでもOKで、正確には、場所決めです。


朝から公園を利用されている方は少ないものの、

ジョギングをされる方、自転車に乗られる方、

散歩や、会話を楽しむ方が見られます。

「おはようございます。」と挨拶をしながら、場所を探しました。


私:「ここは?」

妻:「〇〇がダメ」

私:「ここは?」

妻:「××がダメ」

私:「ここは?」 (・・・・イライラ)

妻:「□□がダメ」

私:「ここ、、、にする。」

と楽しみながら決まったのが、こちらです(笑)


涼しくなってきたものの、日差しは熱さを感じ、

この日は、ほんの少し木陰になる常設のテーブルとイスを使いました。


荷物を置いて、お皿、パン、具材を取り出し、

パンの上に具材の卵をのせます。

調理はこれだけです。

「いただきます。」


パンの耳が無ければ、、、、

パンを少しトーストできたら、、、、

コーヒーが暖かかったら、、、、(自販機に冷たいのしか無かったため、)

ほんの少し、何かが足りない。

だけど、何かが足りないという贅沢があると感じます。


食事のあとは、公園を散歩です。

息子のモデル立ちです。

モデル立ちの子供のシルエットイラスト

背景をつけると、こんな感じです。

モデル立ちの子供のシルエットイラスト

また、こんなポーズも取ってくれます。

お腹痛い子供のシルエットイラスト

「トイレ行きたい」と言わんばかりのナイスポーズです。

こちらも、背景をつけると、こんな感じです。

お腹痛い子供のシルエットイラスト

朝食をとる場所を、変えることで、

準備の楽しさ、翌日へのワクワク感、

公園に行ったからこそ、できた会話、

朝活、清々しい気持ちでの朝食、

可愛い息子の様々なポーズ、

とても新鮮で、良い一日のスタートになりました。


こんな言葉があったような気がします。

「今日の自分は、昨日の自分の思考が連れてきた場所にいる。

 明日の自分は、今日の自分の思考が連れていく場所に行く。」

何度か調べているのですが、だれの言葉かも分かっておりません。

何で、どこで、どのように、なぜ、この言葉に出会ったのか、

分かりませんが、私は頻繁に思い出す言葉です。


最後まで、読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です