公園散歩で、息子が拾ったもの。

こんにちは。

育児を通してみる、息子の成長です。


1才二ヵ月の息子に「外に行く?」と聞くと、

「いく!」と答えてくれるようになりました。


本当に「行く」という意味で使っているかは、疑問ですが、

親としては、会話ができるようになったことがとても嬉しいです。


公園に連れて行くと、自分でペタペタ歩いていきます。

広い公園なので、のびのびさせれます。


公園で息子が歩く様子ですが、冒険の音楽が聞こえてきそうです。

息子が何かを踏みつけました。

息子は木の枝を見つけました。

敵を見つけました。

この後、敵(私)が攻撃されます。


公園で見つけた木の棒ですが、

自分で拾ったものだからなのか、

帰る際、離そうとしませんでした。


一才の子供でも、自分で見つけたモノを

取り上げられるのは、嫌なのだと感じました。


人生では、様々な場面で何かを拾っていくのだと思います。

それが、形があるモノであるとは限りません。

また、必ずしも自分にとって役に立つモノだけでもないと思います。


それにも関わらず、手放せなかったりします。


それは、自分で見つけたモノだからなのだと思います。

自分で、自分の力で見つけたモノは大切になり、

大きな価値があり、手放せないのだと思います。


自分で、気が付いた事は、自身のより大きな力になります。

ある人にとっては、くだらないモノでも、

ある人にとっては、喉から手が出るほど欲しいモノでもあります。

価値は人によって異なります。


そういったモノの積み上げの上に今の自分があるのだと思います。


今後、息子は何を拾っていくのだろう?

また、今後、私は息子が拾うチャンスをどれだけ与えられるだろう?

と思いました。


そんなことを思うと、息子が持ちたがる木の枝を

無理やり手放すのはいいのだろうかと疑問に思いました。


最後まで、読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です