ご近所さんとの会話で思うこと。

「この前は、有難うございました。」と

話しかけられました。



振り返ると、日傘を差した、近所の方がいました。

先日、育てたルッコラを、もらってくださった方です。


私は、話したくなり、家の前で進めていた、

作業の手を止めました。


「あんなオシャレなモノをいただいて、ルッコラ美味しかった。」と、

話してくれました。私も嬉しくなり、

「ゴマのような、味しました?」

と得意げに返事をしてしまいました。


話をしながら、話し方や振る舞い、服装などから、

気品のあると感じる方です。


「いい趣味ですね。私なんてすぐに枯らしてしまう。」と、

言われ、このときに(「あ、趣味なんだ。」 と )気が付く自分がいました。

「私も、沢山枯らしています。」と言いながら、

全滅させた水ナスを思い出してました(笑)。


家の前には、他にも育てている野菜があり、

「他にも、何か育てているんですか?」と聞かれ、

「良かったら見てください。」と、

トマトやミニタマネギを説明してました。


聴かれてもいないのに、なぜ温室に入れているか?

水やりのタイミング等を話していました。

すると、

「すっごい調べている。」と

笑ってくれました。

「あ、すみません。」と、私もついつい嬉しくなって話してました。


ミニタマネギは、もう収穫できそうな感じだったので、

大きくなっている、2つをその場で収穫し、お渡しすると

「そんな、もったいない。」と言いながらも、喜んでくれました。


こういった、人とのかかわりに、とても幸せを感じ、

何かを誰かに提供し、喜んでもらうことが、とても嬉しいと感じます。


同時に、自分自身、人が好きで、会話をするのが楽しいんだと、

振り返る機会にもなり、ほんのちょっとしたことで、

自分って〇〇なんだと、気が付くことがあります。


どこかで、人と直接かかわる仕事をしたいと思う

自分がいることに気が付きました。


最後まで、読んでくださって有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です