ジャガイモ”インカのめざめ”植え付け。袋栽培

こんにちは。

まずやってみて、気が付いたことを書いております。


畝の間で、ジャガイモの袋栽培に挑戦します。

昨年のジャガイモ袋栽培はこちらです。

収穫の記事は、書き忘れてしまいました(笑)

しかし、意外と美味しいジャガイモが収穫できたので、

今年も挑戦してみます。

今年は、収穫結果も書きます。


準備

袋栽培のために、準備したモノはこちらです。

200321

ジャガイモの袋栽培のため、内側が黒い袋を選びました。

内側が黒いかどうかは、袋の端部を確認します。

袋の端部

ホームセンターで購入してきますが、

たまに袋破けていて、割引になっている土がありお得です。


今回、せっかくなので、

違う袋の土で、収穫に差が出るのか挑戦してみます。

栽培開始(ほぼ放置)

早速、種イモを植え付けていきます。

200321(0日目)

30cmほど土を掘り、種イモを放り込みます。

袋の下に割り箸で穴を空け、水がはけるようにします。

たっぷりと水をあげて、放置です(笑)


ちなみに、持った感覚ですが、左から軽い順番でした。

中央の二つは、さほど差はない感じですが、右は重かったです。


右のは、たまたまかもしれませんが、中の土が

けっこう水を吸っている様子でした。


昨年は、ほぼ放置して収穫できたので、

今年も、放置してみたいと思います。


収穫できる数や味に、違いが出るのか楽しみです。

また、スーパーでは、だいたい300円で8個前後入って売られているので、

栽培した場合に、お得なのかどうか?を試し、

普段、スーパーで目にすることのない品種なので、

自分で育てて食べる醍醐味もあります。


最後まで、読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です