体重が気になるお年頃、、、一才児

こんにちは。

育児を通してみる、息子の成長です。


1才になった息子は、いろんなことに興味を持ちます。


もちろん、自分の体重も気になります。


我が家の体重計です。


体重計

足で踏むと電源が入り、「ピッ」と音が鳴ります。


この体重計の前に、息子がやってきました。

体重測定をする子供シルエットイラスト

掛けてある、フカフカベビーチェアに手をのばし、

「そう!俺が使っていたベビーチェア、最近使ってないなぁ。」

と言いそうな感じで、右手を置き、支えにします。

体重測定をする子供シルエットイラスト


「懐かしいな。でも今日の目的は違うんだ。」

「最近、食いすぎてるから、ちょっと気になってるんだよな。」

体重測定をする子供シルエットイラスト

「確か、こうやって足を乗せれば、、、」

体重測定をする子供シルエットイラスト

「ほら、動き出した!」



「んっ!?(視線をかんじるような、、、)」

体重測定をする子供シルエットイラスト

「何見てんだよ!」


なんて、聞こえてきそうな仕草をしてくれます。


何度か体重計を、踏むしぐさを目にしますので、

体重計を踏むと鳴る「ピッ」という音が、

面白いのだと思います。


私たちの真似をしているのか、この前は

扇風機のスイッチも、足の指で押そうとしてました。


見てないようで、見ているのだと改めて感じます。

ドンドン真似をされていくと思うと、

「行儀の悪いことは、されないな。」と反省です。


最後まで、読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です