12ヵ月の息子が階段を上り、恐ろしいコトに

こんにちは。

育児を通してみる、息子の成長です。


1才になった息子は、行動範囲が広がっています。

できることが増え、本人も楽しいのだと思います。


しかし、とても恐ろしい体験をしました。


自宅の階段の前には、柵を設けております。

しかし、置いてあるだけの柵であるため、動かすことができます。


最近は、息子が、柵を動かし、柵の向こう側に行こうとします。


今回は、柵を抜け、階段の前までやってきました。


柵をこえ、階段を見つめています。

階段を上る子供シルエットイラスト

一段目に足をかけました。

階段を上る子供シルエットイラス

左足をのせ、次に右足です。

階段を上る子供シルエットイラス

一段上れました。

子供のできることが増えるのは、とてつもなく嬉しいです。


一段上れたということは、

階段を上る子供シルエットイラス

もちろん、2段目も登れます。

同じように、左足、右足

階段を上る子供シルエットイラス

けっこう早いスピードで、登っていきます。


この後、6段目まで登り、

こちらを振り返ります。

階段を上る子供シルエットイラスト


その際、体勢をくずしました。

頭から、下の段に落ちそうになります。


息子が下の段にぶつかる前に、抱きかかえました。


どこも、ぶつけなかったので良かったですが、

もし、転がり落ちたらと思うと、ゾッとします。


この後、妻に怒られたことは言うまでもありません。


すくすくと、元気に大きくなってくれるのは、

とても嬉しいです。

しかし、同時に危険も多くなっているので、今後注意します。


最後まで、読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です