乾杯,友人代表の挨拶

 

乾杯の挨拶や、友人代表の挨拶を頼まれることが多く

お祝いの席で、挨拶を頼まれることは非常に嬉しいです。

その方の人生に関わってきたのだと振り返ることができ、

同時に、最高の挨拶をしようと思います。

 

スピーチをすると「頼んでよかった!」と、言われることが

多いので、私なりのPointを書き出しておくので、

参考にしていただけると幸いです。

 

意識している7項目

①最初に掴み!

②ギャップを作る!

③その方だけの話!

④必ず暗記!

ヒゲを無くす!

アドリブを効かす!

⑦想像を超えていく!

 

①最初に掴み!

なんでも、”出だし”が肝心です!

と言うものの、失敗もOKです!

後で取り返せばよいのですから!

つまり、聴く方に何らかの形で

インパクトを与え、掴みを得ることが重要です。

(ここは②のギャップにもつながります。)

 

しかし、掴みと言っても何をすれば良いのか?となります。

結婚式の披露宴であれば、まず必ずマイクはあります。

つまり、マイクという小道具があるということになります。

これを使わない手はないです。

 

例えば、下記の通りです。

・「あ、あ、」と言って、マイクを使わない。

・マイクを手でたたき、音が出ることを確認して、声を出さない。

・マイクの高さを使いずらい高さに変えて、マイクを使わない。

・「このような席での挨拶は慣れておらず大変緊張・・・」と流暢に話す。

 

こんなことをすると、会場がザワつき、場が和みます。

「え?(音出るの確認しておいて)マイクつかわないの?」

とか、想像できると思います。

 

逆に、”おもいっきり緊張しています”感を出します。

「た、た、た、只今、ご、ご紹介いただきました、、、」

これが、最初に書いた「失敗してもOK」です。

後半の盛り上げのため、計画的に失敗し、②のギャップを作ります。

 

先日聴いたのが、新郎新婦に

「そのままお立ちください(笑)。」

今後、機会があれば、使わせていただこうと思います。

 

[機会があれば一度やってみたいこと]
①巻物を用意して、長く広げる。
“さぁ、これから長く話します”
と思わせといて、一言「乾杯!」と言う。
②「とても緊張しているので、先に一口いただきます。」
いずれも、2次会の乾杯挨拶かな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です